小児歯科
やまむら歯科
野庭やまむら歯科
診療内容
QR
病院・歯科検索 患者の気持ち

小児歯科とは

小児歯科とは、お子様のお口の中の病気の診断や虫歯の治療及び予防の方針を立て、歯が生えはじめてから永久歯が生えそろうまでのお口と顎の成長に伴う総合的な健康管理を行う診療科のことです。

お子様のお口の中に虫歯があると食べ物をよく噛むことが出来ないため、胃腸などの身体に与える影響はもちろん、顎の発育不良等の原因にもなります。

また悪化した虫歯を放置すると、生えてきた永久歯の歯並びが悪くなったり、その乳歯の下にある大人の歯にも影響を与えます。

虫歯になってから、歯が痛くなってから歯科医院に通うのではなく、虫歯や歯周病予防のために歯科医院に通う習慣をつけて頂くことが大人の場合と同様に、お子様にも大切なのです。

何歳から歯科医院に行けるのか

お子様はいくつから歯科を受診したほうがよいのかという質問をよく頂きます。
実は具体的に何歳からという決まりはござません。

但し、1歳半時に歯科検診を行う制度がありますので、それが一つのタイミングとなっています。必ずしも治療が必要とは限りませんが、幼いうちから歯科医院の雰囲気に慣れさせておくことは、治療が必要となった時に必ず役に立つと、当院では考えております。

しかしながらお子様のお口のことでご心配があれば、いつでも受診して頂いて構いません。

虫歯予防のために

当院では虫歯予防の為に、フッ素塗布やシーラントなどを導入しております。

フッ素塗布

フッ素には歯質を強くして虫歯に対する抵抗力を高めるという作用があります。
虫歯を予防する上でのフッ素の作用を簡単にご説明いたします。

フッ素が歯の表面の層であるエナメル質に触れるとエナメル質の結晶が硬く強いものに変化し、虫歯の原因菌に対する抵抗性が高くなります。

虫歯になりかかった部分にフッ素は取り込まれ易く、その部分を修復する現象(いわゆる再石灰化です)を促し、虫歯の進行を抑えます。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を薄いフッ素入りのプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。

お子様のお口を改めて見ますとよくわかりますが、奥歯の溝は複雑な形をしています。
そのため歯ブラシの毛先がその溝の中に入らず、毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまう場合があるのです。
フッ素の力とシーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝の虫歯を効果的に防ぐことが可能になります。

シーラントの場合も術後に定期健診を行いシーラント材の脱落などのチェックが重要となります。

やまむら歯科 医院概要

医院名 やまむら歯科
診療科目 歯科 矯正歯科 小児歯科
住所 〒154-0017
世田谷区世田谷1-46-10 中嶋ビル101
最寄駅 東急世田谷線 上町駅
電話番号 03-3439-6902
受付時間
09:30-13:00
14:00-18:00
[休診日] 水曜・日曜・祝日
★金曜午後は、14:00~17:00迄となります。

野庭やまむら歯科 医院概要

医院名 野庭やまむら歯科
診療科目 歯科
住所 〒234-0056
神奈川県横浜市港南区野庭町614-3-1階
最寄駅 ブルーライン 上永谷駅
JR根岸線 港南台駅
電話番号 045-844-3428
受付時間
09:00-13:00
14:00-18:00
[休診日] 木曜・日曜・祝日  ◆:土曜は9:00~12:00
Copyright©やまむら歯科 All rights Reserved.